2015年…ボジョレー・ヌーヴォーが解禁になりました。


天麩羅いづもがオープンして、初めてのボジョレー・ヌーヴォー解禁です。

現在、ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日は、毎年11月の第3木曜日と決められていますが、
もともとボジョレー・ヌーヴォーに、解禁日など定められてはいなかったそうです。

そのため、ボジョレーを取り扱う販売者は、我先にとボジョレー・ヌーヴォーの販売開始日をどんどん前倒ししていたのです。
その理由として、どの店よりも早くボジョレー・ヌーヴォーを売りに出せば、それだけそのお店で買うお客さんが増えますからね。
しかし、あまりにも競争が過熱した結果、ワインの醸造が終わらないうちに、販売を開始するお店が出てきてしまいました。
当然、それではボジョレー・ヌーヴォー全体の質が落ちてしまいます。
そこで、解禁日を設け、その日まではボジョレー・ヌーヴォーの販売・消費を禁止することにしたそうです。

ワインの質を守るために、解禁日を設けた…なんとも、ワイン大国フランスらしい理由ですよね。

そして、今年も解禁日が来ました。。
その年の収穫したブドウを、短期間で醸造して、市場に流通させたものが、その年のボジョレー・ヌーヴォー。
ブドウは、周りの環境によって味が変化する果物なので、その年の気候状況によって、味が毎年微妙に変化します。
当然、ブドウの味に違いが出るということは、ボジョレー・ヌーヴォーの味も毎年少しずつ異なるということ。

2015年のボジョレー・ヌーヴォーが、どんな仕上がりで姿を現してくれるのか…。

今回、天麩羅いづもでは、一般市販されない、特別仕様のヌーヴォーをご準備しました。

ボジョレーの帝王が手掛ける2015特別仕様!!
ジョルジュ・デュブッフ・ボジョレー・ヌーヴォー・プロ

201511051944167ef

ジョルジュ デュブッフは、ボジョレー ヌーヴォーの素晴らしさを世界に広めたブランドで、フレッシュでいきいきとした味わいが楽しめるヌーヴォーです。
大粒に育ってきた長崎産の牡蠣盛りと一緒にご紹介します。

今回、ゆっくりと蒸した大粒の牡蠣には味付けもしないまま口の中へ…
牡蠣好きにはたまらない、このぷりぷり感にほどよいミネラル、臭みも無くとろけるように柔らかい牡蠣からエキスがじゅわっと口いっぱいに広がる。
ノドを通り過ぎた頃に、解禁になったジョルジュ・デュブッフが注がれたグラスを傾ける。

今、ボジョレー・ヌーヴォーも牡蠣も最高です。

ボジョレー・ヌーヴォーと牡蠣

天ぷらは、食べる者に五感のすべてを要求する料理でもあると思います。味も見た目も大事だし、耳も大事だ。
そして、今宵のボジョレー・ヌーヴォーも、味も見た目も大事だが、グラスに注がれる音も大事である。

水槽内の牡蠣

天麩羅いづもの水槽内では、車海老やサザエ、鮑…もちろん牡蠣までもが、解禁日には耳を澄ましているように見えました。

天麩羅いづもでは、数量限定で入荷している「ジョルジュ・デュブッフ・ボジョレー・ヌーヴォー・プロ」を、ボトル(4,500円)のみでご提供させていただいております。
是非、今年のフランス、ボジョレーに降り注いだ太陽と大地の恵みをお愉しみ下さい。

ご予約をお待ちしております。
天麩羅いづも TEL 06-6755-4912

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

トラックバック・ピンバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL